>特集>鍼灸マッサージ師を目指すなら専門学校で学ぼう!

鍼灸マッサージ師を目指すなら専門学校で学ぼう!

鍼灸

マッサージにつきましては、多種多様なタイプがあります。鍼灸マッサージにおいて重要なのは、まず第一に、指圧になります。 日本生まれの手技治療法が、指圧になります。指、あるいは手のひらなどを利用し、身体全体にあるツボを押すことを通して、血液の循環を整えたり、筋肉をフレキシブルにしたりします。 人に対して指圧をケアするためには、あん摩マッサージ指圧師という国家資格が要ります。資格取得すると、施術それから、開業や、出張施術などができます。 加えて、整体に関しては、脊椎、あるいは骨盤それから、肩甲骨といった身体上のズレや歪みを良化し、筋肉並びに骨のバランスを調整し、自然的治癒力を高める健康法になります。肩こり、あるいは腰痛などは言うまでもなく、偏頭痛並びに膝の痛みや、手足のしびれなどの特有の症状の緩和が望めます。即効性を目的とするのではなく、抜本的な特有の症状の緩和にウェートを置きます。

鍼灸マッサージ専門学校を利用することによって学ぶことができるプログラムとして、まず第一に東洋医学系科目があります。東洋医学概論、あるいはあん摩マッサージ指圧理論それから、はり理論などを会得できます。はり師、きゅう師に欠かせない専門的な知識とスキルを自分のものにすることができます。 また、西洋医学系科目もあります。 解剖学、あるいは生理学や、医療概論など体のメカニズムや機能などについて会得することができます。鍼灸マッサージ師という立場で第一線で働くためには必要な科目です。 また、現代において、鍼灸マッサージ師として貢献するには、国際化や情報化社会にも応じなければなりません。従って、医療英会話、あるいは経営学や、心理学概説などの一般教養科目に関しても授業科目として学習することが不可欠です。

鍼灸