HOME>Review>国家資格にはどういうものがある?就職に有利な資格にも注目

国家資格にはどういうものがある?就職に有利な資格にも注目

鉛筆

みんなの口コミ

柔道整復師の資格取得を目指しています

幼い頃からスポーツを習っており、学校の部活動でも運動部に入部して毎日練習に励んでいます。将来の進路を考えるに当たって、興味の強いスポーツに関連し、且つ手に職をつけられればと考えていました。国家資格はこれから生きていく上で心強いので関心はありました。一覧を見ていると、たくさんある国家資格の中でも自分の希望する進路に合う柔道整復師という資格を見つけて自然と目指すようになりました。怪我で時々利用している接骨院のスタッフも柔道整復師の資格を取得していると知り、より親近感を覚えました。国家資格なので難しいかもしれませんが、努力して資格を取って将来自分の好きな分野で仕事ができると思うと頑張れますし、とても楽しみです。
(10代 男性)

鍼灸師の合格率が高い学校を探しました

興味のある分野でもあり、就職に有利でもあるため鍼灸師になりたいと考えていました。資格があると結婚や出産を経てからも仕事を得やすいです。鍼灸師は国家資格の一覧に名を連ねている資格なので、国家試験を受けて合格しなければなりません。鍼灸師を養成すると謳っている専門学校を探すと学校一覧が出てきます。たくさんあって迷いました。行くだけで合格できないと意味がありません。そこで学校を選ぶ際の基準にしたのは国家試験の合格率の高さでした。できるだけ合格率の高い学校を選ぶ方が、実績もありますし、教育の質も信用できます。合格するためには自分の努力だけでは十分ではなく、学校での教育内容も大事だと考えました。学校で勉強に励み、一度で国家試験に合格したいです。
(20代 女性)